ぶどうの樹キリスト教会のホームページへようこそおいで下さいました。

教会は初めてという方へ

「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。
神の国は、このような者たちのものです。」
マルコの福音書10章14節

 この聖書の言葉は、イエス・キリストの言葉です。
 イエス様の弟子たちは、「イエス様は大変立派でお忙しい方だから、あなたがたが気安く近づけるようなお方ではない」と、イエス様を訪ねてきた子どもたちを追い払おうとしましたが、イエス様ご自身は「わたしのところに来させなさい」とおっしゃいました。
 私たち人間は、どうしてもイエス様の弟子たちのように相手の身なりや地位などで人を評価してしまいます。しかし、イエス様は、当時人々から見下されていた子供たちを大事に思ってくださり、また罪人と呼ばれる人々とともに食事をする、そのような人を身分や立場によって分け隔てなさらないお方です。
 教会を訪れるお一人一人は「子どもたちを、わたしのところに来させなさい」と言われたイエス・キリストの招きによって集っています。 初めて教会においでになる方も、教会の門を初めてくぐる時は、かなり緊張をし、勇気を必要とすることでしょう。けれども、「わたしのところに来させなさい」と仰るイエス様の招きは、あなたにも向けられています。教会では、いつでもあなたのお越しをお待ちしています。 そして、聖書が語る言葉、イエス・キリストの福音を通して、心と魂に真の平安と救いを得て頂きたいと思っています。
 ぶどうの樹キリスト教会は、聖書を誤りのない神の言葉と信じる、歴史的に正統な信仰に立ったプロテスタント教会です。日本福音キリスト教会連合(http://www.jeca.jp/)に加盟している教会の中で、唯一山手線内にある教会です。 どなたでも、お気軽においで下さい。家庭集会も現在は3箇所でしていますし、グループ(年代)に合わせた聖書の学びもしています。 皆さまが主イエス・キリストの平和を知り、味わうことができるようにお祈りいたします。
ぶどうの樹キリスト教会牧師 三木新

4月の礼拝・集会案内         

4/5
礼拝(聖餐式)
10:30〜11:45
YouTubeにて配信予定
4/12
礼拝
10:30〜11:45
YouTubeにて配信予定
4/19
礼拝
10:30〜11:45
 場所:未定
4/26
礼拝
10:30〜11:45
 場所:未定

※私たちの教会の礼拝では、「新改訳聖書」と、「教会福音讃美歌」を使用しています。お持ちでない方のために、教会にもご用意しています。お気軽に礼拝にご出席ください。

~主日礼拝の「会堂に会しての礼拝」休止のお知らせ~

2020 年 3 月 26 日


「そこで、私は何よりもまず勧めます。すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。それは、私たちがいつも敬虔で品位を保ち、平安で落ち着いた生活を送るためです。そのような祈りは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることです。」Iテモテ 2:1~3

ぶどうの樹キリスト教会の関係者の皆さま

御名が聖なるものとされますように。
新型コロナウィルス感染症が世界大に拡がりを見せておりますが、皆さまはご無事でいらっしゃいますでしょうか。
さて、昨晩、小池都知事が都民に対して、現下の状況は新型コロナウィルスの「感染爆発の重大局面」にあると宣言し、「週末の外出自粛」などの要請を出されました。
それを受けて、昨晩役員の方々と相談し、3 月 29 日(日)の主日礼拝から「会堂(ぶどうの樹キリスト教会の会堂)に会しての礼拝」を休止することといたしました。ご理解とご協力をお願いいたします。
つきましては、当日 3 月 29 日(日)10 時 30 分を目途に、録画した礼拝メッセージを YouTube にアップし、皆さまにはその URL を教会メーリングリストでお送りいたします。そちらをご活用下さい。YouTube で閲覧できない方は、別の対応を取らせていただきますのでご連絡をいただきたいと思います。各自(同居家族のおられる方は、ご家族とともに)それぞれの場所において、心を合わせて祈り、礼拝のときをお持ちください。

この度のこの決断は、「都知事の要請を受けて」ということもありますが、この世界的な混乱をもたらしているパンデミックの状況に鑑み、都内においても感染爆発の恐れが高まっていることを受けてのことです。
私たち教会は人のいのちを大事にされた主イエス・キリストの教えに立ちますので、しばらくの時期一つ所に集まることを避け、人のいのちを大事にする決断に立ちたいと思います(マルコ 3:4)。
今後このような対応をいつまで取るかは現時点では分かりませんが、新型コロナウィルスの感染推移を見つつ、役員会で適宜相談しながら、随時皆さまにご連絡を差し上げたいと思います。

また、礼拝献金・月定献金・イースター献金・感謝献金・指定献金などに関して、心に留めて下さっている兄弟姉妹も多くいらっしゃると思います。金融機関に行って教会に送金(献金)して頂くことも出来ますが、外出は極力避けていただき、会堂に会しての礼拝が出来る日まで、手もとに蓄えておいてくださることが良いと思います(Iコリント 16:2、IIコリント 9:5)。

今回のこの事態を受けて、教会も試みの中を通らされていますが、このような時だからこそ、主のみことばを慕い求め、心静かに聴き、御前にとりなしの祈りをささげ、「互いに足を洗い合う」ことの実践に取り組んでまいりたいと思います。

「それぞれ、自分のことだけでなく、ほかの人のことも顧みなさい。キリスト・イエスのうちにあるこの思いを、あなたがたの間でも抱きなさい。」ピリピ 2:4,5

主の平和を祈りつつ

ぶどうの樹キリスト教会
牧師 三木 新

▲ トップへ戻る